ユウレイ (Yuurei)

まふまふ (Mafumafu)

[まふまふ「ユウレイ」歌詞]

これからのことは 他愛ない
後書きだったとしても
それでいい それでいいからさ
お話がしたいな

誰の記憶にも残らない
出来の悪い映画が
今さら 今さらだけれど
続きを描いている

大事なことは何だって 言いづらいし
笑えない胸が痛んだって
いや 気のせいなんだ

そうして黙って生きてきた
口なしのボクの手を 握ってくれたの

ねえ
言いたいことは何ですか
伝えたいことも無いのでした
半分透けている ボクはユウレイ

きっと人知れず霞んでしまうよ
貴方が逃がさないように
見つめてください

貴方の隣は 限られた数の椅子しかないから
ひとりぶん ふたりぶんくらいかな
離れて腰かけた

貴方のくれない人生は
読み飛ばしたつまんない雑誌に書いていた
落書きみたいだ

知らないほうがいいのかな
幸せは後味が口に残るから

どうして
偶然そこに落ちていた
ずっと探していた明日
取る手もない ボクはユウレイ

際限のない空白に浮かび上がった
見慣れたあの雲のように
忘れてください

ただ 同じ景色を見たい
ただ 貴方が感じた全てを
ボクも見ていたいよ

言いたいことはないですが
伝えたいこともないですが
届かぬ声で泣くユウレイ

言うべきことじゃないですが
あの日から たぶん

貴方が好きでした

言いたいことは何ですか
伝えたいことも無いのでした
半分透けている ボクはユウレイ

きっと人知れず霞んでしまうよ
貴方が逃がさないように
見つめてください

不意に忘れそうな思い出の終わりに
いさせてください


Think your friends would be interested? Share this lyrics!

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z #


Copyright © 2017-2021 Lyrics.lol