かぐや (Kaguya)

初音ミク (Hatsune Miku)

冷たい窓の外 月に春が来た
夢から覚えてしまうような気がした

大人になったら僕はどこへ行こう
月の裏側や本にもないような場所とか

空から落ちてしまうよ

このまま このままいられたら僕は何になろう

月の上を歩き疲れたら今日はどんな顔をしよう

何が駄目だとか誰が悪いとか
月の上だから全部が聞こえない振り

次に朝が来て、そして夜が来て
100年後も同じ景色が見えたらいいのに

それくらい、月を歩いている

このまま このまま過ごせたら
僕はどう生きよう

月の上じゃ声は出ないから
次はどんな風に泣こう

Think your friends would be interested? Share this lyrics!

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z #


Copyright © 2017-2021 Lyrics.lol