ヒグレギ (Hydrangea) lyrics

初音ミク (Hatsune Miku)

君のことが実は笑えないんだ
きっと僕も一人ぼっちだったので

白い雲が遠のいては溶けた
浅い夏が軋む

歩けば 歩けば 変わるように思うんだ
頭の裏 日暮れも消えない癖に

死んじゃいたい
あぁ全部を知っちゃいたいんだ

夕凪を穿った緑青の色が
滑稽なくらい僕の目を奪ったんだ

もうどうか笑っていたい
逢い俯いて歩く今日を

茜色の夕が焦がしていく

君の声も実は忘れてるんだ
時を重ね何かが変わったのか

重い嘘が僕を押しつぶすんだ
赤く染まる花と

Think your friends would be interested? Share this lyrics!

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z #


Copyright © 2013-2021 Lyrics.lol