花と水飴、最終電車 (Hana to Mizuame, Saishuu Densha)

初音ミク (Hatsune Miku)

晴れた雲を見ていた
昨日夜空に重ねた青を

浅く影に隠れた
君の描いた空が消えない

忘れたら 君はいなくなるから
揺らいだ昨日を思い出せ

あの夏にいつか届いたのなら
昨日に遠い 遠い花束

落ちた花を見ていた
駅の傍 クチナシの咲く

海の底を歩いた
木漏れ日だけの浮かぶどこかで

夏の瀬に光る淡い火を見た
白んで浅い浅い夜

あの夏に君が笑っているだけ
笑っているだけ

忘れたら君を思い出すから
揺らいで青い青い空

Think your friends would be interested? Share this lyrics!

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z #


Copyright © 2017-2021 Lyrics.lol