楽園の嘘 (rakuen no uso) lyrics

​globe

グローブ「楽園の嘘 」の歌詞

いじわるな時間(とき)に
さらわれそうで ふと足を止め 目を閉じる

そう 夢はずっと続いている
目覚めて 眺めた 照らされてる景色の中
許すことを気にしながら また星を数えている
声ひそめて 約束した 強い風にうたれながら

手をつないで歩いた しがみついて歩いた
さよならの冷たさを知っていたから

ココロの中はどこからみえる?
ダレが名付けて どこにあるの?
たずねてみるけど あいまいなままで
なくしたカギを 探して

そうきっと強さを 確かめただけ
この想いを胸に映しだせるのなら
コトバはもう雲にかくれ雨に変わって降りてきて
想い出も涙も残らず流してゆくの

手をつないで歩いた しがみついて歩いた
信じることに少し震えてたから

泣いたままで叫んだ 伝わるまで叫んだ
こわがりの弱さなどかき消すように

叶えられぬことなどないと空に誓った
守られていたことに気付けずにいた

手をつないで歩いていた しがみついて歩いていた
さよならの冷たさをぬくもりにかえて…

夢の続きを…

Think your friends would be interested? Share this lyrics!

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z #

Contact Us DMCA Policy Privacy Policy
Copyright © 2013-2021 Lyrics.lol